森でのお約束

いつまでも自然と仲良く暮らしていけるように、森や里山を散策される際に守っていただきたいこと。

とっていいのは写真だけ、のこしていいのは思い出だけ。

花や草・鳥や虫など生き物を見つけたら、じっくりと観察してください。写真もいくらでも撮ってください。けれど、生き物は採らないでください。

そして、外からは他の生き物を持ち込まないでください。ゴミも必ずお持ち帰りください。もちろん、素敵な思い出もご一緒に。

散策のための道、それが散策路。

散策路から外れないように、森や里山を楽しんでください。何もないように見えても、生き物たちが暮らしています。

うっかり踏んづけると、生き物が死んでしまうかもしれません。時には、ハチやヘビを驚かせてしまうかもしれません。

火と騒音はご遠慮ください。

ちょっと一服のつもりが、山火事に…。決して、大げさな話じゃありません。

ちょっとBGMのつもりが、トラブルに…。そこでは、鳥や虫や風が歌っています。