メンバー紹介

横浜 森のインタープリターズメンバーの紹介(50音順)です。

アダッチ

アダッチ
●好きな横浜の森:六国峠ハイキングコースのじょうろ形の大きな給水塔から金沢自然公園のののはな館までは、誰にも頼まれていないけれど自分のフィールドだと思っています。

●小さい頃の原体験:下ばかり見て歩いていたので、ふと気付いたら迷子になっていた、ということが度々ありました。今もあんまり変わらないかもしれないです。

●オススメの本:森づくり/自然環境に関する本では、沼田眞・岩瀬徹「図解 日本の植生」講談社学術文庫を上げます。まあ、その分野の本で、最初に読み通した本だからです。ノンジャンルであれば、米原万里(ロシア語の通訳者)「不誠実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」新潮文庫を上げます。筆者の日露語通訳の経験を通じて得られた爆笑エッセイ集、インタープリテーションに通じるものがあるかも…です!

kosugi

kosugi
●好きな横浜の森:not yet, I’ll find it in the future.

●小さい頃の原体験:大自然をフィールドに、近所の子や兄弟で裏山に秘密基地を作ったり小川を遡ってwater slide!日がくれるまで遊び、夏の暑い日は家族で河川敷に出て蛍をみながら夕涼みし、星空を見上げて北斗七星を探しては喜んでました。笑

●オススメの本:「LIFE SMILES BACK」(Philip B.Kunhardt,Jr著)約30年前にNYで購入しましたが、今見ても最高です。

まっつん

まっつん
●好きな横浜の森:地元・緑区の森

●小さい頃の原体験:おじいちゃんに連れられ、よく公園を散歩していた。

●オススメの本:「カワセミのマルタン」「木を植えた男」「木のうた」

※メンバーの似顔絵はすべてまっつんが描いています。

レヂヲ

レヂヲ
●自然に関わる原体験:幼稚園児・小学生の頃に飯島市民の森によく行きました。虫かごと網を持って走り回ったなぁ~。

●得意なこと・趣味:虫と仲良くなる、関東ふれあいの道をムスメと歩くこと

●好きな横浜の森:市沢・仏向の谷戸、横浜自然観察の森

●オススメの本
・「日本の昆虫1400」(槐 真史 編著/文一総合出版)虫の写真が見やすく、フィールドのお供に最適なポケットサイズの図鑑。
・「センス・オブ・ワンダー」(レイチェル・カーソン 著/新潮社)インタープリターのバイブル的な本。名言「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない、はこの本から。
・「新・雑草博士入門」(岩瀬 徹 川名 興 飯島和子 著/全国農村教育協会)身近な植物のかたちや暮らしの面白さを、豊富な写真で魅せてくれる植物観察入門の名著。

●参加団体・資格
・市沢・仏向の谷戸に親しむ会
・横浜自然観察の森友の会 ハンミョウの会
・プロジェクト・ワイルド エデュケーター
・キャンプインストラクター

●メッセージ・ホームページ
身近にある自然にもっと親しんで、ワタシ達も自然の一部であることを感じ、残された自然を子供達にツナいでいけたら…。そんな思いで日々活動しています。
ツナギの自然案内人レヂヲのブログ RADIO ROCKS BLOG